2018 / 06
≪ 2018 / 05   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2018 / 07 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


AYちゃんはワークで付点八分音符十六分音符のリズムと付点八分音符・休符について学び、
その音符・休符を書き、ピアノの森②の「たのしいロンド」ではアーティキュレーションに注意して、
縦線のたびに止まらないように気を付けて合格し、「短い歌」を両手で譜読みしました
バスティン①の75番では♮・♭に注意して、リズムやスタッカートなどを正確にとって合格し、
76番では一緒に譜読みをして、リズム確認と♯♭♮に注意して練習しました

KRちゃんはワークで四分・二分・全音符の長さを覚え、そのリズムをして、
おんがくかい①では二分音符四分休符四分音符のリズムで1音を使って弾く練習をしました

Aくんはピアノの森②の「スケーターズワルツ」で八分音符が速くならないように注意して
音が抜けるところが癖にならないよう、止まらずに弾く練習をして、合格しました
バスティン②の7番では付点四分音符八分音符のリズムに注意して練習をして、
ソルフェージュでは2番で元気よく歌えていました

Yちゃんはワークで付点四分音符をたくさん書き、ピアノの森②の「ロングロングアゴー」では、
強弱もつけて八分音符を正確なリズムで間違わずに弾けるようになっていて、見事合格でした
バスティン①の81番では力を抜いて和音の指移動をして、アクセントを2・4拍目に入れる曲でしたが、
とてもよく弾けていました
82番ではアクセントをしっかり入れてメロディを引き立たせるように弾き、2曲とも合格し、
ソルフェージュでは29・30番でよく歌えていて、四分音符・休符のリズムもしました

AMちゃんはワークでh moll・fis moll・cis mollについて学び、ハノンの2番では前半の上りは
スラスラ弾けるようになっていて、下りは指使いや音間違いに注意して片手ずつ和音に変えて
指のポジション移動を確認しながら、両手で弾く練習もしました
バスティン①の71番は付点四分音符八分音符のリズムで裏拍に注意して、72番でも裏拍に注意して練習し、
ピアノの森②の「短い歌」では指番号と楽譜をよく見てゆっくり弾く練習をしていきました

AYKちゃんはワークでレの音符書きとドレの音符の名前書きをして、
ピアノの森①の「森のきつつき」ではテンポ感を考えて速くならないように注意して、
「こもり歌」では3拍子のリズムで縦線のたびに止まらないように気を付けて2曲とも合格しました
バスティンの6番では3拍子のリズムで1拍目の右手の入りが遅れないように練習をして合格し、
7番では一緒に譜読みをして、4分の4拍子と全音符について説明しました

Mちゃんはバスティン①の54番でリズムよく弾けていて、黒鍵と白鍵の間を弾いてシ♭などを
弾きやすくなるように練習し、55番も同様で2曲とも合格しました
ピアノの森②の「たのしいロンド」では和音の指移動と間違うところを抜き出して練習し、
ソルフェージュでは28番で音程を正確にとって歌えていました

HRちゃんは初レッスンでワークで○を線上にたくさん書き、バスティン①の1・2・3番の譜読みを
一緒にして、1番をしあげしましたが、スラーでとても上手に弾けるようになり、合格でした
ピアノの森①の「こどものマーチ」「あまいパン」の譜読みをして、連弾で一緒に弾いて、
ソルフェージュでは1番を歌い、とても上手に歌うことができました

Kくんはワークでド~高いドで聴音をして、よく聴きとれるようになりました
ピアノの森②の「たのしいロンド」ではスタッカートをつけて弾き、和音の音間違いに注意して
強弱もつけて上手に弾けるようになり、合格しました
それから「インディアンの踊り」の譜読みを進めていきました

Rちゃんはワークで縦線を書き入れる問題を解き、拍で裏拍などを学び、メトロノームを使って
リズムをとる練習をして、ピアノの森①のチューリップ」では右手をパーにして弾かないように注意して、
合格しました
それから「マーチ」を両手で譜読みしていきました

Tくんはワークで縦線を書き入れる問題を解き、拍で裏拍などを学び、メトロノームを使って
リズムをとる練習をして、バーナム①では音符当て・拍子記号当て・音符の長さの問題を解きました
「陽がしずむ」では同じ音を続けて弾く時に後ろの音が遅くならないように注意して合格し、
「にわとり」の譜読みを進めました

Sちゃんはワークでまとめの問題を解き、転調移調について学び、ハノンの5番では
最後まで譜読みを進めていて、メトロノームに合わせて弾く練習していきました
ピアノの森②の「インディアンの踊り」ではアクセントをはっきりとつけて弾き、
左手の音間違いに注意して合格し、バスティン①の91番ではヘ音の音の鍵盤の位置に注意して、
音が重ならないように一音一音しっかり打鍵して臨時記号もよくつけれていて、
92番ではアクセントを特に右手の音にはっきりとつけて弾き、2曲とも合格しました
それから93番の譜読みをして、縦線で止まらないように気を付けて練習していきました

SHちゃんはハノンの33番でとてもよく弾けるようになっていて、テンポもインテンポで弾けていて、合格しました
プレ・インベンションのスカルラッティ作曲「スケルツァンド」では指番号を正確に守って弾く練習をして、
ブルグミュラーの「すなおな心」では八分音符のテンポを焦らずに、曲想をつけていき、
ワークではh moll・fis moll・cis mollについて覚えていきました

スポンサーサイト


この記事へコメントする















ミュージックスクールゆめ

Author:ミュージックスクールゆめ
福岡県福岡市のピアノ教室
♪ミュージックスクールゆめ♪のブログです

公式ホームページはこちら>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。