FC2ブログ
2019 / 05
≪ 2019 / 04   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -  2019 / 06 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Yちゃんはワークでヘ音記号ソラシドレの音符の問題を解き、
ピアノの森②の「小川の水車」では八分音符を正確にとり、pで弾く時に左手を抑えて弾き、
合格しました
それから「あひるの行進」「泉のほとり」を譜読みして、バスティンの71番では
スラーをきって弾かないように注意して、72番では音符の長さを正確にとり、♭にも注意して、
2曲とも合格しました

AYちゃんはワークで十六分音符・休符を書き、バスティンの65番ではスラーに気を付けて弾き、
66番では3拍子のリズムに注意して、2曲とも合格でした
ピアノの森②の「こもり歌」「まわれまわれ」では八分音符に注意して、練習していきました

Kちゃんはワークでまとめの問題を解き、バスティンの43番では音が重ならないように注意して、
44番ではpで弾き、45番ではとてもよく弾けていて、3曲とも合格しました
ピアノの森①の「踊り」「川はよんでいる」では3拍子のリズムで左手がとてもよくなっていて、
2曲とも合格でした
ピアノの森②の「アレキサンダーマーチ」「いなかの踊り」ではスラーで弾く練習をして、
アクセントにもよく注意して、2曲とも合格でした

KNくんはワークでラの音符書きをして、バスティンの24番では付点二分音符を正確にのばして
合格し、ピアノフレンド①の「ヘンゼルとグレーテル」では二分音符に注意して合格しました
ソルフェージュでは24番でド~ソの音程に注意して歌いました

TIくんはワークでドレミの音符と名前書き、聴音をして、聴音ではとてもよく聴きとれていて、
ピアノの森①の「かっこう」では最後までゆっくり弾いて譜読みをして、
バスティンの24番ではゆっくり弾いて正確に弾き、合格しました
ソルフェージュでは30番で一生懸命歌っていました

FさんはB dur・g moll・G dur・e moll・D dur・h mollを通して弾いていきました

AYちゃんはワークで十六分音符で書き、音符・休符の問題を解き、
バスティンの67番ではスタッカートとスラーに注意して、68番では八分音符に注意して
2曲とも合格しました
ピアノの森②の「こもり歌」では1・2の指に注意して、素早く指移動する練習をして合格し、
「まわれまわれ」では四分音符に気を付けてテンポを上げていきました

Aちゃんはピアノの森②の「小さなワルツ」で3拍子のリズムの弾き方を練習して、
強弱もつけて3拍目で止まらず、2・3拍目でテンポが速くならないように気を付けて合格しました
それから「小川の水車」を両手で最後まで譜読みを進め、バスティンの43番ではシ♭とリズムに
注意して、44番ではpでもしっかりと打鍵する練習をして、45番ではとてもリズムもよく
弾けていて、3曲とも合格しました
ソルフェージュでは27番ではソの音程が下がらないように注意して歌いました

Sちゃんはワークで和音とA durや属7などの和音の問題を解き、
ピアノの森②の「ロングロングアゴー」では八分音符のリズムでとてもよく弾けるようになっていて、
強弱をはっきりつけて合格でした
ハノンの4番では手首を下げて弾かないように注意して、手首に消しゴムを置いて、
消しゴムを落とさないように弾く練習をしました
バスティンの85番では付点四分音符八分音符のリズムを正確にとり、86番ではシ♭を忘れずに
付点二分音符を正確にのばし、音が重ならないように弾いて2曲とも合格しました
ソルフェージュでは53番で声をよくのばして歌いました

SHちゃんはハノンの32番で1・2の指の動きを小ぶりに意識して練習し、
プレ・インベンションのクリーガー作曲「メヌエット」ではスラーを細かく正確にして、
強弱もとてもよくつけていて合格でした
ピアノの森②の「ジプシー・ダンス」ではペダルを早めに上げるように練習して合格でした
聴音ではド~高いソで四分・二分音符・四分休符での聴きとりをして、
休符が入っても拍がずれないように注意して聴きとっていました
ワークでは付点八分音符十六分音符と3連符のリズムで4・5番をしました

AMちゃんはワークでD dur・A dur・E durについて学び、
ハノンの1番では1の指が鍵盤から離れないように気を付けて、手首に消しゴムをのせて
落とさないように弾く練習をしていきました
ピアノの森②の「たのしいロンド」で強弱がとても上手につけれていて、
スタッカートにつられて四分音符を短く切らないように注意して、「大すきなワルツ」では
リズムを正確にとり、譜読みをし直していきました
バスティンの64・65番では歌いながら弾く練習をして、楽譜をよく見て丁寧に弾くよう
注意していきました

Hちゃんはワークでスタッカート・テヌート・フェルマータなどの記号について学び、
ハノンの7番では右手の甲が下がらないように気を付けてメトロノームに合わせてとてもよく弾けていて
合格し、8番は左手の1の指が浮かないように注意して弾きました
バスティンの77番では歌いながら弾き、指番号と音間違いに注意して78番では♭と♮に注意して、
79番では♭とアクセントに注意して80番では八分音符のリズムに気を付けて練習していきました
プレ・インベンションのミュラー作曲「スケルツォ」でスタッカートとノンレガートで弾く
練習をして、ピアノの森②の「人魚の歌」ではリタルダンドをかけすぎないようにし、
のばす音をよく聴いて弾くようにし、合格しました
「たんじょうびマーチ」では強弱がとてもよくできていましたが、スラーのフレーズを綺麗に弾くように
注意して、練習していきました

Mちゃんはバスティンの45番でシ♭に注意して、指ポジションを弾く前に準備して弾く練習をして
合格し、46・47番の譜読みを進めました
ピアノの森②の「いなかの踊り」では、とてもよく弾けていて、アクセントとクレシェンドに気を付けて
合格し、「こもり歌」「まわれまわれ」の譜読みをして1・2の指をくぐらせる練習をしました
ソルフェージュでは21・22番でとてもよく歌えていました

Kくんはワークでド~高いドの聴音でよく聴けていて、ピアノの森②の「こもり歌」では、
スラーで弾き、1・2の指をくぐらせる練習をして、合格しました
それから「まわれまわれ」の譜読みをしていき、ソルフェージュでは49番で足踏みをしながら
歌い、声も大きくとてもよく歌えていました

スポンサーサイト


この記事へコメントする















ミュージックスクールゆめ

Author:ミュージックスクールゆめ
福岡県福岡市のピアノ教室
♪ミュージックスクールゆめ♪のブログです

公式ホームページはこちら>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。